Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image
TOPへ戻る

TOPへ戻る

幸せな結婚生活を過ごそう! 夫婦円満のために気をつけたい3ポイント

2013年03月08日(金)

幸せな結婚生活を過ごそう! 夫婦円満のために気をつけたい3ポイント

©Photo: ~Rich Johnson~

世の中の既婚男性たちには、「ずっと恋人同士みたいな2人でいられると思ったのに、現実は違った」――と、ため息をつく日が少なからずあると思います。

それぞれのカップルによってその原因はマチマチだと思いますが、中でも「ある事」が引き金になって、夫婦生活が不仲になってしまうことも多いです。その「ある事」を知っておくことで、気付かない間に奥さんの不機嫌スイッチをONにしてしまう事も減るでしょう。

今回は、夫婦円満な結婚生活を送るために気をつけたい3ポイントをご紹介します。妻帯者の方も結婚の予定がある独身男性も、メモの用意を!

1. 結婚したら、奥さんを自分のお母さんより上扱いする

LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

「大好きなあなたを産んでくれた義母さんだから…」とか、「あなたにとってのお母さんは、私にとっても本当のお母さんと同じくらい大切」という奥さんの言葉、まるっきり信じ込んでしまうのはかなり危険!

好き同士で付き合ってきた2人でも、夫婦になった途端駆け引きがはじまってるからね……。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

奥さんが「私の事はいいから……」と遠慮してるからといって、奥さんよりも自分の母親の言うことを聞こうとしたり、奥さんを我慢させてでも自分のお母さんのご機嫌伺いをしようとするのは、絶対に夫婦間のストレスの原因になる。

お母さんを大切にしたいのは、わかるんだけどね。私にだって親がいるから。でも親を喜ばせたりするためには、まずは夫婦円満ありきだと思う。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

旦那がいつも自分のことを一番に考えてくれたら、自然と義母さんにお礼したくなるのが妻の気持ち。

女性からしたらかなり単純な図式なんだけどね。男性にはわかりにくいらしく、世の中の夫婦の多くは上手くできていないんだよね……。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM

2. 仲良くし過ぎると夫婦仲にまで影響を及ぼす、姉・妹

LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

小姑って言葉があるくらいなのに、自分の女兄妹が夫婦生活を壊す原因になり得ることを知らない男性って、以外と多いのよね。

「お兄ちゃん(弟)大好き」オーラ全開の小姑は受け入れにくいことも。義母さんよりも年齢が近い分だけ、複雑な心境だし。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

男兄妹がいない女性は特に、「お兄ちゃん(弟)大好き」っていう感情が理解しにくい。明らかに常識はずれな事をしても笑って許す旦那を見ると、無性に腹が立ってしまうことも。

コレもいわゆる、女の嫉妬?!

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

仲が悪いよりはイイ方が絶対にいいけど、小姑が甘えてきてもほどほどの距離感でかわせた方が夫婦生活はうまくいくかも!

3. 昔からの女友達との距離感には注意!

LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

昔から知ってる女友達とか言って、実はHしたことがある女友達だった――とか、妻の立場だときついよね。

そういうのって自分ではばれてないつもりでも、奥さんは敏感に何かを察知してるんだよね。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

もしこれまでに何も無かったとしても、将来的に何か起こってしまうことも? 円満な結婚生活のためには、いままでの女友達との距離感に注意してね!

まとめ

幸せな結婚生活を過ごそう! 夫婦円満のために気をつけたい3ポイントはこちら!

  1. 結婚したら、奥さんを自分のお母さんより上扱いする
  2. 仲良くし過ぎると夫婦仲にまで影響を及ぼす、姉・妹
  3. 昔からの女友達との距離感には注意!

勘が鋭い読者のみなさんは、この3つのポイントに共通するある事柄に気が付いているかもしれません。そう、「女」です。しかも、日頃自分が女と意識していない位置にいる女達の存在。

結婚したら「特別扱いするのは奥さん1人」という姿勢を貫くのが、家内円満の秘訣ですよ!

LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

この記事を読んだあなたにはこちらの本もおすすめです!