Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image
TOPへ戻る

TOPへ戻る

キス上手は恋愛上手!?女を魅了するキスの上級テクニック

2014年03月09日(日)

キス上手は恋愛上手!?女を魅了するキスの上級テクニック

あなたはキスが上手? それとも下手? 世の中にはキスが上手な男性もいるらしいですが、いまいちピンとこないかもしれません。唇と唇の接触に上手いも下手もないような……と思う方も多いはず。

しかし、キス経験のある20代~30代女性の約3割がキスが上手い男性に出逢ったことがあるのだとか。多い数字ではありませんが、キスが上手いと女性に感じさせる男性は確かに実在しているのです。そしてその中の大多数の女性が、その男性をますます好きになったのだとか。

そんなキス上手の男性たちは何が違うのでしょうか? そのテクニックを3つ、こっそりお教えしましょう。

1. タイミングが上手い!

LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

はぁ~……

どうしたの? お腹空いたの?

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

違うわよ! 失礼ね!

昨日のキスを思い出しちゃって。最近付き合い始めた彼、とってもキス上手なんだ~。もうメロメロ。

確か同じ年だったよね? 年上なら分かるけど……どんなテクニックをお持ちなの?

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

テクニックというよりも、タイミングかな~。帰り際に一旦別れた後に呼び止められて、チュッ☆みたいな。

演出上手なのね~。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM

キス自体のテクニックはもちろん、雰囲気にも左右されます。

女性はムードを大切にするもの。ロマンティックな演出の中でのキスは、それだけでとろけそうになります。キス自体のスキルを上げるよりも、まずは雰囲気づくりに力を入れてみましょう。

適当な場所で熱烈なキスをしても、女性は引くだけですよ。

2. 強弱のつけ方が上手い!

LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

演出もなんだけど、キス自体も上手いのよ。なんていうんだろう……唇を重ねていけばいくほど、情熱が高まっていく!みたいな。

最初は唇に触れるか触れないかのキス、その後にだんだん高まっていく感じかな。向こうも自分を求めてくれてるんだ~って分かるとうれしいよね。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

そうそう! 興奮してるんだなって思うと、私もうれしくなっちゃう!

これは実際のキスのテクニック。いきなりガバッと熱烈なキスも時には良いのですが、だいたいの場合は女性が引いてしまうことも。

最初は優しくキス、その後にだんだん激しく唇を重ねて行きましょう。あなたの興奮が彼女にも伝わり、自分を求められていると喜びを感じる女性が多いのです。

3. スキンシップも上手い!

雰囲気やキス自体のテクニックもあるけど、タッチも重要じゃない? 私は頭撫でられるとうれしくなるな。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

まさに彼はスキンシップもしてくるの! キスしてるときに頭なでなで~とかたまらないよね。愛されてるキスって感じがするの。

今夜も会うんだけど楽しみ~!

手は一つの位置で固定するんじゃなくて、いろいろ動いてくれた方がうれしいよね。ってことであなたのランチはにんにくたっぷりペペロンチーノとガーリックトーストね。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

勝手に決めないで~(泣)

接触するのは唇だけではありません。空いている両手で彼女の頭をなでたり、背中をなでるのは効果的。彼女への愛情をより強く伝えられます。触り方はあくまでソフトに。愛しくてたまらない!といった触り方……仔猫やウサギにタッチするのをイメージしてください。

ただし、胸へのタッチは性欲が高まっているだけのように感じられるので、実際にベッドインする前以外は止めておきましょう。

まとめ

キス上手は恋愛上手!?女を魅了する上級テクニックはこちら!

  1. タイミングが上手い!
  2. 強弱のつけ方が上手い!
  3. スキンシップも上手い!

いかがでしたでしょうか。ここから分かる通り、実際のテクニックとしては、高度なものは求められていないのです。キスという行為の中で、彼女を好きだということをいかに伝えられるか?が大切。

最近おざなりなキスしかしていないな~と思った男性は、これらの要素を取り入れてみると良いかもしれませんよ!