Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image
TOPへ戻る

TOPへ戻る

急がば回れ! 狙っている子の友達に気に入られるための3ポイント

2012年11月21日(水)

急がば回れ! 狙っている子の友達に気に入られるための3ポイント

©Photo: Mattox

女性はみんな、自分の彼氏が女友達にどう評価されるか気になるもの。やっぱり「○○ちゃんの彼氏は素敵だよね、うらやましい!」と言われたいのです。

女性は友達に恋愛相談をすることが多々あります。もしかしたら今頃あなたのことを、「あの男性からアプローチされているんだけど、どう思う?」なんて相談しているかもしれません。そんなときに友達があなたを高く評価してくれれば、これはもう鬼に金棒!

今回は、彼女の友達に好かれるためのちょっとしたテクニックをご紹介します!

1. ひいきや特別扱いをしない

LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

女同士ってけっこう嫉妬深いからね。

例えばみんなでゴハンを食べているときに、あなたが狙っている彼女ばっかり褒めたり、料理をとってあげたりしていると、他の女の子はおもしろくないよね。

そうだよね。それでイラっとして「あの男やめた方がいいんじゃない?気が利かないー。」とか、後でこっそり彼女に言っちゃうかも。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

だから狙っている彼女だけじゃなく、その友達にもちゃんと話を振ったり気を配ってあげなきゃダメ。

そうそう。褒めるときや質問するときは必ず一緒にね。

「かわいいよね、二人とも」とか、「二人はどんな男がタイプなの?」みたいな。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

話題を振るのは必ずワンセットで! どちらかにだけっていうのはNGなのよね。

2. 余計な詮索は絶対NG!

LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

狙っている彼女のことをこっそり友達に聞くときには、慎重になるべきね。OKな質問とNGな質問があるから。

例えばOKな質問は「俺のことどう思ってるのかな? チャンスあるかな?」とか「映画に誘いたいんだけど、どんなのが好きかな?」みたいに前向きなやつ。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

そうね。逆にNGなのは「昔どんな男と付き合ってた?」とか「あの子は浮気するタイプ?」みたいな、過去のことを詮索する質問。

そういうのは絶対にスグ伝わるから。そんなことコソコソかぎまわられると、いい気分しないもんね。それに聞かれた方も嫌な気分になるし。

そうそう、女同士の結託はなかなかすごいからね……。『友達に聞いたこと = 彼女に全部伝わること』くらいの感覚でいた方がいいかも。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM

3. 彼女の友達に自分の男友達を紹介してみる

LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

これはけっこう荒業かもしれないけどw

彼女の友達と自分の男友達が仲良くなってくれれば、「みんなで旅行行こう!」とか「みんなでバーベキューしよう!」とかイベントが発生しやすくなるでしょ。

つまり、狙っている彼女とあなたとのイベントも増えるってこと。

なるほどー。高校生のグループ交際、みたいな感じで初々しくていいかも。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

さらに、彼女の友達と自分の男友達が付き合うようになったりしたらラッキー!

確かに! 「自分たちが幸せになれば、あなたたちの幸せもお手伝いします!」ってなってくれるかも……。

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

まぁそのためには、けっこう良い男友達紹介しないとね。変な人を紹介しちゃったら、むしろマイナスポイントだから。

じゃあこの作戦を実行する場合は、性格の良い男友達限定ってことでw

LMガールズ2|ラブフォルム/LoveforM
まとめ
狙っている子の友達に気に入られるためには、次の3ポイントを押さえましょう。

  1. ひいきや特別扱いをしない
  2. 余計な詮索は絶対NG!
  3. 彼女の友達に自分の男友達を紹介してみる

大切なことは、彼女だけでなく、友達のことも尊重したり気にかけてあげること。自分を気にかけてくれる相手を悪く思う人はいません。友達に好かれれば、狙っている彼女との成功率もぐっと高まるでしょう!

LMガールズ1|ラブフォルム/LoveforM

この記事を読んだあなたにはこちらの本もオススメ!

前の記事を読む?

これが一番古い記事です!